うつわのある暮らしを楽しむブログ

生活に寄り添った作家のうつわと、道具を取り扱うお店のブログです。 日常の中で使いたいもの、心が癒されるものをセレクトしてご紹介しています。 店主は“三木あゆみ”として陶芸の作家活動もしています。 作家活動や、クラフト関係のことも時々綴っています

【うつわの基礎知識】やきものって何?

f:id:korohacurry:20190809170217j:plain


 

こんにちは。

うつわと道具や ころは です。

 

前回の“ガラスって何で出来てるの?”の記事に続き、基礎の基礎のお話です。

 

そもそも、「やきもの」ってどういうもの?という内容のコラムです。

 

9月30日から始まるNHK連続テレビ小説で、信楽の女性陶芸家の奮闘記を描く「スカーレット」という朝ドラが始まりますよね。

 

ご興味のある方も多いのでは??

 

ドラマを見る前に、うつわについての基本的な事を学んでおくと、ドラマもより楽しくなると思いますよ。

 

 

“やきもの”ってどういうものですか?

 

“焼き物(やきもの)”とは、土や粉末状の鉱物を練って成形して、高温焼いて作るものを指します。

 

ご存知ですか?やきものは火山活動に似ている、とも言われているんですよ。

 

何故かというと。

 

地中から吹き出した溶岩は、珪酸(けいさん)という成分の働きなどで岩石となります。

 

やきものの材料は、その岩石が風化して細くなった土なんです。

 

その土を高温で焼くと、中の珪酸が溶けてガラス状となり、すきまを埋めて固まります。

 

マグマも陶芸窯と同様、1,300度以上の熱量にも達するので、非常に火山活動と似ていると思いませんか?

 

火山活動と違う点は、人の手が加わっているかどうかでしょうか?

 

土の成分は、産地によってさまざまです。

 

珪酸やその他の成分の量、焼く温度などで、できるガラスの量が異なります。

 

最も多いのが磁器。

 

一番少なくて隙間だらけなのが土器となります。

 

 

“やきもの”の作り方

 

f:id:korohacurry:20190809194838j:plain

 

  

先ほどの項目でも、“やきもの”の出来は、土と焼く温度で異なるとご紹介しました。

 

それでは、実際にどの様な土を使って、どういう焼き方をしているのでしょうか?

 


〇 “やきもの”に適した土とは?

 

可塑性(かそせい)が高くて細工のしやすい、焼いてもひび割れしない粘土が適しています。

 

現在では、複数の産地の土とブレンドし、成分調整をして使用する場合が多いんです。

 

 


〇 酸素の量で“やきもの”の表情が異なります。

 

やきものの焼き方には、

 

酸素をたっぷり送り込む「酸化炎焼成(さんかえんしょうせい)」

 

酸欠ぎみに焼く「還元炎焼成(かんげんえんしょうせい)」

 

の二つがあります。

 

土の中の鉄分は、酸化炎焼成では赤や黄に。

 

還元炎焼成だと不完全燃焼して青やグレーになります。

 

焼くときは、通風をよくしたり窯の口を閉じたりして酸素量を調整します。

 

炎の質がやきものの表情を大きく左右させるんです。

 


土を練って成形し、高温で焼いて固めたものが“やきもの”となります。

 

使用する土、焼き方、釉薬や装飾方法によって多様なやきものが生まれているんですね。

 

 

 

【ころはオンラインストア

当ショップでは、生活に寄り添った作家のうつわと道具を取り扱っています。

「作り手」と「使い手」を繋げる、そこでしか出会えない、そんな価値のある店を目指して営んでおります。

日々の生活が豊かに感じる、そんなうつわと道具にご興味がある方は、コチラをご覧下さい↓

f:id:korohacurry:20190120005213j:plain

 

 

 

korohacurry.hatenablog.com

 

korohacurry.hatenablog.com