ころは のスタッフブログ

「ころは」は、神戸市の海の街である垂水にお店を構える“カレー”と“うつわ”のお店です。 様々な“陶芸作家”さんの器でスパイスの効いたカレーを楽しめます。 日々の暮らしを彩る素晴らしい陶器の展示販売や、作家さんの展示会も開催しております。

神戸垂水の「カレーとうつわ ころは」は、
カレー担当・店主の夫と、うつわ担当・陶芸家の妻のお店です。
カレーのこと、陶芸のことを気ままに綴ります。

「カレーにまつわる作家もの展」参加作家紹介⑤-雪窯(陶芸)ー

 | 「ころはのカレーにまつわる作家もの展」参加作家紹介⑤-雪窯(陶芸)-

 
7月7日から開催の「ころはのカレーにまつわる作家もの展」に参加して頂く作家さんを少しずつ紹介させていただきます。
 
五人目は雪窯さんです。
 
雪窯さんは、兵庫県で活動されている陶芸作家さんです。
 
 雪窯さんは神戸芸術工科大学を卒業後、北欧やイギリス家具に興味があり渡英、帰国後北欧家具店で働かれていました。
スウェーデンの陶芸家ベルント・フリーベリの作品に出会います。
料理が好きでフリーベリの器が欲しい、しかし美術品でもある彼の作品には手が届かない、そこで自分でも作れないかと思い立ち陶芸教室に通われました。
釉薬や成形の奥深さに強烈に惹かれ陶芸作家を志されます。
 
そして小さな工房、「雪窯」を始めました。
 
「雪窯」の名前の由来
『鉱物や金属の無限の組み合わせで釉薬が出来るが大きく分けると結晶釉と呼ばれる種がある。釉薬が1200度もの高温で溶ける段階で亜鉛やチタンなどが結晶としてキラキラと産出するのだが、その神秘さに感銘し、雪の様な美しい結晶を生み出す工房ができればと願う。』
 
釉薬の色の豊かさからもその思いが感じられます。

 

f:id:korohacurry:20180622200920j:plain

f:id:korohacurry:20180622200950j:plain

f:id:korohacurry:20180622201005j:plain

 

 初めに作品を拝見した時、おいしそうなうつわ!と思いました。

砂糖菓子のような淡いカラフルな色合いは女性の心をギュッと掴んでくれますね♪

 

そんなおいしそうな作品とカレーのコラボ、楽しみですね♪ 

 

 

カレーにまつわる作家もの展

会期:2018年7月7日(土)~16日(月祝)11:00~18:00

開催場所:ころは2階ギャラリー会場
※水曜日は定休日のためにお休みです。
※会期中は2階カフェスペースでのお食事は出来ません。
 
 
 
また、期間中オンラインストアにて一部の商品を同時販売しますので、そちらもお楽しみに!
  

 | ころはのSNSやホームページのご紹介

  
ころは 作家もののうつわと道具にカレーのお店

f:id:korohacurry:20180404105714j:plain

※ころはの一部取扱商品の販売しております。

 

  
  
 
 

▼ ころは駐車場について

 

駐車場までの道しるべ 動画で説明あります!