うつわのある暮らしを楽しむブログ

生活に寄り添った作家のうつわと、道具を取り扱うお店のブログです。 日常の中で使いたいもの、心が癒されるものをセレクトしてご紹介しています。 店主は“三木あゆみ”として陶芸の作家活動もしています。 作家活動や、クラフト関係のことも時々綴っています

一器多用って?そば猪口の意外な使い方

f:id:korohacurry:20190628134644j:plain

 

こんにちは。

うつわと道具や ころは です。

 

皆さんは、購入されたうつわをどの様に使われているのでしょうか?

 

「そば猪口」は、“そばのつけ汁用”にしか使えない、と思っている方はいませんか?

 

和食器には、洋食器とは違って“一器多用”という考え方があります。

 

それでは、今回のコラムでは一器多用についてご紹介致します。

 

 

一器多用ってどういうこと?

 

 

f:id:korohacurry:20190628135541j:plain

 

 

一器多用とは、文字通り、一つの器を多種多様な用途に使うことをさします。

 

つまり、そば猪口をコーヒーカップとして使っても問題ないんです!

 

ちょっとした料理を盛る小鉢や湯呑、調味料入れとしても使えますし、紅茶のカップとしても使えます。

 

そば猪口は、“そばのつけ汁用”だけでなく、様々な使い方が出来るうつわなんです。

 

そもそも、和食器で用途が決められているものといえば、急須や土瓶、蓋付きの茶碗蒸し用のうつわくらいではないでしょうか?

 

決まりがないのが和食器の良いところ。

 

つまり、一器多用とは、今あるものを出来るだけ有効活用しようという、日本人の古来からの考え方なんですね。

 

お気に入りのうつわを見つけたら、大事にしながら色々と使いまわしましょう。