うつわのある暮らしを楽しむブログ

生活に寄り添った作家のうつわと、道具を取り扱うお店のブログです。 日常の中で使いたいもの、心が癒されるものをセレクトしてご紹介しています。 店主は“三木あゆみ”として陶芸の作家活動もしています。 作家活動や、クラフト関係のことも時々綴っています

“うつわのお手入れ方法”使う前にすべきこと!

f:id:korohacurry:20190517153832j:plain

 

 

こんにちは。

うつわと道具や ころは です。

 

新しく手に入れたうつわを、洗っただけで使用されていませんか?

 

うつわは、使用前に正しいお手入れをすることで、衝撃や汚れに強くなるんですよ。

 

今回のコラムでは、そんな知っておくべき大事なお話をご紹介致します。

 

 

高台を確認し、ザラついてたら滑らかにしよう。

 

f:id:korohacurry:20190517152110j:plain

 

 

高台がザラザラしていると、テーブルや食器棚が傷つくこともあります。

 

お気に入りのテーブルに傷が付いたらショックですよね。

 

たいていは、出荷前に作家さんやお店側が削ってくれていますが、使用前には必ずチェック!

 

もしザラザラしていたら、サンドペーパーなどで滑らかにしましょう。

 

  

汚れを落とし、米のとぎ汁で煮よう。

 

f:id:korohacurry:20190517150907j:plain


 

磁器は基本的に水も汚れも通さないですが、土ものである陶器は違います。

 

目に見える貫入以外にも、気泡など、たくさんの穴があいています。

 

ここから汚れや水分が入れば、シミやカビになることもあります。

 

また、残り物を盛りっぱなしにすれば、うつわににおいが移ります。

 

汚れやにおいがつかないようにするには、表面の穴を埋める対策が肝心なんです。

 

使う前のちょっとしたひと手間で、お気に入りのうつわを長もちさせることができます。

 

高台を滑らかにして、うつわの汚れを落としたら、“米のとぎ汁”で煮ましょう。

 

米のでんぷん質が表面の穴を埋めて、衝撃や汚れに強くしてくれます。

 

 

“米のとぎ汁”で煮る方法

 

鍋にうつわがかぶる程度の米のとぎ汁をいれ、15~30分ぐらい煮て、自然に冷まして下さい。

 

方法はこれだけ、とても簡単ですよね。

 

磁器には必要ありませんが、陶器・焼締・粉引・半磁器などのうつわには必要です。

 

何枚も同時に煮ると、うつわ同士がこすれてキズの原因となるのでご注意を!

 

米のとぎ汁で煮た後は、必ず自然乾燥で完全に乾いたことを確認してから食器棚に収納してくださいね

 

ここで、乾燥を充分にしないと水分が残っていて、それがカビの原因になりますので、必ず乾燥させてください。

 

“米のとぎ汁”なんて面倒…。 という方は、うつわを使う前に真水に30分~1時間さらすだけでもOKです。

 

うつわに含ませた水がコーティングの役割を果たし、料理の水分やにおいがつきにくくなりますよ!

 

また、最近は作家さんが出荷前に、撥水処理をされている場合もあります。

 

その場合は水にさらした時に水が玉になって弾いているのが分かります。

 

その時は、米のとぎ汁で煮る必要はありません。

 

逆にとぎ汁で煮ると、撥水効果が薄れてしまう場合があります。

 

お店の方や、直接作家さんに確認できる場合は聞いてみるといいですよ。

 

 

いかがでしたか?

お気に入りのうつわを長く使い続けたいとお考えなら、ぜひともこのお手入れ方法を試してみて下さい。

 

 

korohacurry.hatenablog.com

 

korohacurry.hatenablog.com