ころは のスタッフブログ

「ころは」は、神戸市の海の街である垂水にお店を構える“カレー”と“うつわ”のお店です。 様々な“陶芸作家”さんの器でスパイスの効いたカレーを楽しめます。 日々の暮らしを彩る素晴らしい陶器の展示販売や、作家さんの展示会も開催しております。

神戸垂水の「カレーとうつわ ころは」は、
カレー担当・店主の夫と、うつわ担当・陶芸家の妻のお店です。
カレーのこと、陶芸のことを気ままに綴ります。

雑誌(おうちでワイン)で当店の器を使って頂きました。

 | おうちでワイン~料理とワイン組み合わせメソッド~

 

f:id:korohacurry:20170820234422j:plain

 
7月21日にぴあ株式会社から発売された雑誌、
 
 
 
 
にて、有り難い事に当店取扱のうつわを紹介して頂きました。
 
 
コチラの雑誌、「誰でも簡単! たった5つの法則を覚えておけば必ず役立つ、ワインと料理の組み合わせ方」という内容を紹介したレシピブックです。
 
 
「日本食材×ワイン」という斬新な発想のレシピが多数掲載されていますが、丁寧に合うその理由も説明されているので分かり易い。
 
 
レシピ毎にオススメのワインが紹介されているのが良いです。
 
 
このワインが飲みたいなぁって思ったときに、本を参考に料理が作れるので重宝しますよ!
 
 

 |ころは は、何故にカレーとうつわなのか?

  
まず、説明しておかないといけないのですが、ころは は、夫婦で営んでいるお店です。
 
 
夫 = カレー作ったり、店を運営したり
妻 = 陶芸作家名(三木あゆみ)で鋭意活動中
 
 
という感じ。なので、店名も「カレーとうつわ ころは」なのです。 
 
 
因みにですが、ころは はフェヌグリークというスパイスの名前です。
 
 
フェヌグリークは中国名で胡廬巴。和訳すると、「ころは」となります。
 
 
今回、コチラの雑誌にて「三木あゆみ」の作品が料理に使って頂きました。
 
 
本当に有り難いです。
 
 

f:id:korohacurry:20170821002012j:plain

 
 
雑誌の表紙にもなっているオーバルのお皿です。
 
 
ほっこりする色、形がなんとも魅力的です。
 
 
シンプルで使い易いお皿なので、何枚あっても使えます。
 
 
雑誌には表紙とP45のレシピで使用頂いてます。 

 

 

f:id:korohacurry:20170821002801j:plain

 
ころはのカレー皿としても使用している黒土の深皿。
 
 
黒い土と白い釉薬のコントラストが特徴。
 
 
深さがあるのでパスタやカレーなどにも合う、使い易い器です。
 
 
雑誌にはP63のレシピで使用頂いてます。 
 
 
本屋さんで雑誌を見かけたら、一度手に取って見て下さい!!
 
 
 
 三木あゆみ(みきあゆみ)
 

pookee21.tumblr.com

 
 
  

 | ころはのSNSやホームページのご紹介

 

▼ ころはのfacebook(アカウントが2つあります。)

 

メニューについてや営業について紹介しているアカウント(カレーとうつわころは)

 

取扱商品や展示会情報について紹介しているアカウント(うつわと道具やころは)

 
 

▼ ころはのInstagram(アカウントが2つあります。)

 

メニューについてや営業について紹介しているアカウント(@koroha.curry)

 

取扱商品や展示会情報について紹介しているアカウント(@koroha.ceramics)

 
 

▼ ころはオンラインストア

 

※ころはの一部取扱商品の販売しております。

 
 

▼ ころは駐車場について

 

駐車場までの道しるべ 動画で説明あります!